FC2ブログ

僕の彼氏は外国人 GAY LOVE LIFE ゲイブログ

アメリカ人の彼氏がいる外専の日本人ゲイ男性の日記。現在遠距離恋愛中。彼との出来事、彼との性生活、カミングアウト、イケメン外国人情報、ゲイ映画の紹介、お勧めゲイサイト、外国人の彼氏の作り方、ゲイの悩み相談&質問など、盛りだくさんなブログを作っていきたいと思います。よろしくね!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓ゲイブログランキングに参加しています! たくさんの方に見ていただきたいので3つともクリックお願いします!

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


同性愛(ノンアダルト) ブログランキングへ

カンボジア代表としてロンドン五輪出場の猫ひろしさん

お笑い芸人の猫ひろしさんがカンボジア代表の男子マラソン選手としてロンドンオリンピックに出場することが決まりましたね。

僕にとってこのニュースは自分に関係がないことなのでどうでもいいことなのですが、カンボジア人にとってはすごく複雑なんじゃないかなと思いました。

オリンピックに出場したいがために国籍を変えるってどうなんでしょうか。

長年その国を愛し、その国に多大な貢献をし、日本を捨ててでもその国の国民になりたいというのならわかる気がするのですが、自分のやりたいことをするためなら何でもありなんでしょうか。

今までオリンピック出場を目指してきたカンボジア人選手たちはすごく憤りを感じているんじゃないかなと思います。目の前に見えていたオリンピック出場が全く関係のない人に奪われたようなものだと思います。夢が断たれてしまったということです。それを考えると悲しくなります。

猫ひろしさんも多くの方たちから批判があるとはわかっていて決めたことなんでしょうが、僕は本当にこれが正しい選択なのか考えてしまいました。

猫ひろしさんがカンボジアで開催されたハーフマラソンで3位になったことから、カンボジア政府から国籍をカンボジアに変えてオリンピック出場に挑戦しないかという打診があり、こういう経緯になったそうですが、それを打診したカンボジアもどうかなと思います。オリンピックに出場するためには、標準記録を上回る必要があるのですが、その標準記録を上回る選手がいない国は、特別枠として、男女一人ずつがいずれかの種目に出場できる規則があるそうです。猫ひろしさんはその特別枠で出場します。

もちろんそれぞれにメリットがあるということで決めたのでしょうが、カンボジア国民のことは考えられていないように思います。全くカンボジアに縁のないカンボジア代表選手を応援したいと思うカンボジア人はいるのでしょうか。

猫ひろしさんがものすごく練習してきたのはわかります。でもオリンピックは、お笑い番組やバラエティ番組とは違うので、何か大きなことを成し遂げたい、有名になりたい、目立ちたい、何か面白そうだから、大金がもらえるから…ということでは済まされないと思います。

国の『代表』ということは国を背負うということだと思います。国を『代表する』ということはすごく特別なことだと思います。

日本では限られた数の選手枠に漏れてしまい、出場したくても出場できない選手は数多くいるというのに、ベストタイムを下回る猫ひろしさんが違う国の代表だとしてもオリンピックに出場できてしまうということに対して疑問に感じている人は多いと思います。

『カンボジア人に申し訳ない。』『日本人として恥ずかしくないのか。』『愛国心はないのか。』『日本を捨てたのか。』『日本に戻ってくるな。』『売名行為だ。』『ずるい。』『カンボジアに寄付をしろ。』…など猫ひろしさんに対して批判的な意見が多いようです。

決して日本を捨てたわけではないと思います。ただ自分のためにこういう方法を選択したんだと思います。ですが、今回カンボジア人になったことで、日本の国籍は完全に失ったそうです。つまり選挙権も失ったということだと思います。

契約金や売名行為のために国籍を変えて特別枠でオリンピックに出場するオリンピックビジネスのようなものが今後増えていくことも考えられます。オリンピック規約を見直す必要があるんじゃないかなと思います。

実際猫ひろしさんも、オリンピック出場のために国籍を変えたことや、オリンピックに出場が決定したことなどで多くのメディアで取り上げられていますし、オリンピック開催中も開催後もメディアに取り上げられるでしょうし、マラソン関係の仕事もさらに増えるでしょうし、知名度も収入も格段にアップするでしょう。

猫ひろしさんによるとオリンピックが終わった後もずっとカンボジア人のままでいる予定だそうです。猫ひろしさんには奥さんとお子さんがいるそうですが、奥さんとお子さんは日本国籍のままでいるらしいです。

今後もカンボジアに永住する予定はないそうで、日本のビザを取得し、家族も日本におり、日本での仕事を中心にやっていくそうです。

カンボジアにマラソンの文化を広めるためにカンボジアで開催されるマラソンに協力したり、カンボジアの小学校にノートなどを寄付したりしているそうです。

日本でも多くの外国人が日本国籍を取得し帰化しています。彼らは実際日本に長年住んで、日本の文化を学び、日本語も流暢に喋れます。彼らは日本を愛し、日本に永住する覚悟で日本国籍を取得していると思います。それでもどんなに日本を愛していても取得できない外国人もたくさんいます。

僕も愛する国があったり、愛する人と一緒に住めるのなら国籍を変えてもいいと考えています。いくら国籍が変ったとしても日本を捨てるわけではないですし、自分は心の中では常に日本人であり続けると思います。


猫ひろしさんがカンボジア人になるのは問題はないと思います。ただその目的がオリンピック出場で、さらに、カンボジア『代表』に選ばれたことに多くの批判が集まっているんだと思います。

何をやるにもすべての人が幸せにさせたり、納得させるのは本当に難しいことだと思います。でもまわりの人にできるだけ迷惑や嫌な思いをできるだけさせないようにするのが人間だと思います。猫ひろしさんがやっていることはそういうことをよく考えずに、自己満足のためにやっているように感じました。芸人としても『おいしい』と感じたんだと思います。

批判についてどう考えているかと聞かれても、『いろんな人がいて、いろいろな意見があってもいいと思います。』の一点張りをしています。この答えはすごくずるい答えだと思います。そんなの当たり前です。答えになっていません。

でももう決まってしまったことなので、カンボジア人のためにも、生まれ育った日本のためにもできる限りのことをしてもらいたいなと思いました。

みなさんはどのような意見をお持ちですか?













↓ゲイブログランキングに参加しています! たくさんの方に見ていただきたいので3つともクリックお願いします!

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


同性愛(ノンアダルト) ブログランキングへ

Comments

承認待ちコメント 
このコメントは管理者の承認待ちです
 
強い人だけで競うなら、タイムのいい人を上からとればいいだけですよね。何のために国ごとに枠を設けていると思ってるのか…。カンボジアの方がオリンピックという場に立つ機会が一つ失われて残念です。反対を押しきってでもやる意思の強さは感心しますが、やはり正しい判断とは言えないですよね。
 
カンボジアではオリンピックや、スポーツへの興味関心はほぼ無いといっていいほど無関心です。そんな場所でオリンピック出場を夢見る日本人がいることは、少しでも興味を引き付けたいカンボジア政府の考えなのでしょう。また、カンボジアには親日家が多いようです。だからこそ、猫さんを応援するカンボジア人がいるのではないでしょうか。その考えは、ひとりよがりな日本人の考えにすぎないと思います。



« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 980

紹介文:彼との性生活や下ネタがメインです。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール
訪問者数
現在の閲覧者数
交流チャット
みんなで交流しましょう!相談、質問、雑談、何でもアリです!気軽に誰でも利用してくださいね!
おすすめ
月刊アクション

↓おすすめ!英語の勉強法『スピークナチュラル』

↓売上日本一英会話教材「エブリデイイングリッシュ」

ブログ内検索
アクセスランキング

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。