FC2ブログ

僕の彼氏は外国人 GAY LOVE LIFE ゲイブログ

アメリカ人の彼氏がいる外専の日本人ゲイ男性の日記。現在遠距離恋愛中。彼との出来事、彼との性生活、カミングアウト、イケメン外国人情報、ゲイ映画の紹介、お勧めゲイサイト、外国人の彼氏の作り方、ゲイの悩み相談&質問など、盛りだくさんなブログを作っていきたいと思います。よろしくね!


身長が低いことに対するコンプレックス

僕の身長は175cmくらいで、日本では平均よりちょっと高いくらいだと思いますが、アメリカにいるときは、回りは僕より背が高い人ばっかりで、さらに僕の体は細めなので、かなり小柄だなって感じました。

僕の彼も185cmくらいあるので、並んでると余計に低く見えます。

もちろん僕より背の低いアメリカ人や、僕より細いアメリカ人はたくさんいますが、アジア人=小柄っていうイメージがありますよね。

小柄好きの人もいたりして、小柄なことも相手の好みによっては魅力の一つだと思います。

でも僕はコンプレックスというまではいかないですが、もうちょっと背が高かったり、足が長かったらいいなって思っています。あとはもう少し小顔だったらいいなとか。

欧米人は足長いですもんね。お尻の位置がかなり上な気がします。

女性はヒールの高い靴を履けばいいだけですか、男性はそういうわけにはいけません。

ヒールを履いた女友達と並んでると、背があまり変わらなくなっちゃいます。

今からカルシウムをたくさん摂っても身長が伸びるとは考えられないし。20歳超えてからも伸びる人は稀にいるみたいですが。

そんなことを考えてて、ふと思ったことがあります。

アメリカでは、家に入って靴を脱ぐ習慣がなくて、靴を脱ぐのは寝る時やお風呂に入るときくらいなので、靴底が厚めの靴や、分厚いインソール(中敷)を入れた靴を履いてても、友達などの前ではずっと背が高く見えるんだなと思いました。

まあアメリカでも人によっては楽だからということで部屋の中でも靴を脱いでる人もいますが。

それに海やプールとかではごまかせませんが。

日本では靴で背を高く見せてても、部屋に入ると絶対靴を脱ぐので、外出してるときや店の中とかでしか、背を高く見せれませんが、アメリカでは、結構ずっと靴を履いたままなので、友達などにバレずに背を高く見せれるなと思いました。

まあもちろん恋人には背をごまかし続けることは無理だと思いますが、部屋の中で靴を脱ぐ習慣のない国では、身長に対してコンプレックスを持っている人は、シークレットブーツや分厚いインソールも結構活用できるんじゃないかなって思いました。

背が低いことで悩んでいる人は、数センチ背が高く見えただけでも、少し自信がつくんじゃないかなって思います。

身長を高く見せたい人のための厚底の靴ってなんかダサいイメージがありますよね。でも分厚いインソールだと気軽にどの靴にでも入れれるのでいいかなって思います。1センチくらいのものから数センチのものなどいろいろあるみたいです。僕はそこまで身長を気にしているわけじゃないのですが、分厚いインソールは結構安く売ってて簡単に手に入るので、どんな感じなのか買って使ってみたいなと少し思います。近くの店で見つけれなかった人は、100円ショップに売ってる分厚めのインソールを数枚重ねたら代用できるかと思います。まあ入れ過ぎたら靴の履き心地に支障をきたしそうですが。

もちろんありのままの自分が一番だと思いますが、身長が低いことが気になっている方は、使ってみるのもいいんじゃないかなって思いました。





↓毎日クリックお願いします!
ブログランキング

↓こちらもクリックお願いします!
ゲイのブログ検索サイト - ゲイログ
↓ゲイブログランキングに参加しています! たくさんの方に見ていただきたいので3つともクリックお願いします!

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


同性愛(ノンアダルト) ブログランキングへ



« »

10 2009
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 980

紹介文:彼との性生活や下ネタがメインです。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール
訪問者数
現在の閲覧者数
交流チャット
みんなで交流しましょう!相談、質問、雑談、何でもアリです!気軽に誰でも利用してくださいね!
おすすめ
月刊アクション

↓おすすめ!英語の勉強法『スピークナチュラル』

↓売上日本一英会話教材「エブリデイイングリッシュ」

ブログ内検索
アクセスランキング

Archive RSS Login